外壁塗装

■塗り替えのタイミングは10年を目安に

外壁塗装は住宅メンテナンスの基本。定期的に塗り替えることで、外壁の美観・耐久性・防水性を維持することが可能です。塗り替えの目安は約10年程度といわれています。外壁材や塗料の種類、立地環境によっても異なりますが「まだ新築を建ててから一度も塗装工事をしていない」という方は、一度点検も兼ねて塗装工事をご検討いただいていいかもしれません。

また外壁に目立った劣化がある場合は、早急に塗り替え工事を行いましょう。放置しておくと雨漏りの危険性にも繋がります。外壁は他よりも簡単にセルフチェックが可能ですので、下記で紹介する症状例を参考にしっかりと劣化を見抜き、塗装工事を行いましょう。

 

■外壁の劣化症状の例

◇チョーキング現象(白い粉が付く現象)

外壁を触った時に白い粉が付いたことは、ありませんか?
手に白い粉がつく原因は、紫外線や雨風のダメージが蓄積することで、塗料そのものが分解されて粉状になっているからです。ひび割れや塗膜が剥がれてしまう前に、そろそろ塗り替えをご検討ください。

 

◇汚れ(カビ・サビ・コケなど)

カビ・サビ・コケなどの汚れが目立ってきたら、塗料が持つ“防水性”の効果が切れてきているサイン。コケや藻が発生している場合は、外壁の保水率が上がり劣化が進行している証拠です。なるべく早めの塗り替え工事をご依頼ください。

 

◇ひび割れ(クラック)

ひび割れを発見した際はご注意ください。髪の毛ほどの小さなひび割れでも、ご連絡を!小さなひび割れは、主に塗装膜そのものが経年で硬化して起こる現象。大きなひび割れは塗装膜の下地素材(躯体)が割れている可能性があります。雨水や湿気はどんな小さな隙間からでも浸入し、内部で凍結・膨張を繰り返すことでさらにひび割れを拡大していきます。気付いた時には外壁の下地の劣化が進み、雨漏りに繋がってしまいます。
小さなひび割れでも放置せず、すぐに当方までご連絡ください。

 

◇塗膜の剥がれ、めくれ

この症状は劣化による付着力の低下が原因。これはすでに外壁を保護する機能が無い状態で、放置していると外壁材に直接ダメージが及び、建物の耐久性が低下してしまうでしょう。
最悪の場合、シロアリの発生や倒壊を招く恐れのある非常に危険な状態ですので、こうなる前に定期的な塗り替えを行っておくことが大切です。

▼各事業のご案内はこちら

▼お問い合わせはこちら

【代表携帯】090-1978-1687
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】日曜日
【メール】こちらのフォームよりどうぞ≫
【対応エリア】熊本市を中心にその他県近郊エリア

一覧ページに戻る