遮熱工事

■夏は涼しく、冬は暖かい空間へ

超薄型の遮熱材を用いた「遮熱工事」は、夏は太陽からの輻射熱(ふくしゃねつ)を99%カットし、熱エネルギーを室内に移動させずに涼しい空間を作り出します。昼間でも室内温度の上昇を抑え、空調効率を大幅にアップさせることが可能。冷気・暖気問わず熱の持つエネルギーの移動を抑えるという新しい概念のもと考えられた工法のため、寒い冬は外の冷気を反射し、暖房で温められた中の暖気を室内に反射します。
つまり、遮熱工事を使えば夏も冬も空調費を大幅に下げることができるのです。

 

■リフレティックス(遮熱材)とは

アメリカのリフレクティックス社で誕生したリフレクティックスは、超高熱環境で使用する宇宙船及び宇宙服の反射絶縁材料として、宇宙産業に採用されました。以来、さまざまな技術を駆使し、進化し現在あるシンプル構造体のリフレティックスの完成形が実現しました。

太陽からくる熱線は、物質(屋根・外壁など)を熱し、さらに次の物体へと輻射熱を放射していきます。そしてそれらは室内へと進んでいくのです。この輻射熱を室内へ入らせないようにすることが最も重要であるのですが、リフレクティックスはそれらを食い止めることが可能であり、その効果を絶大です。

驚異的な省エネ効果が期待できるリフレティックスは電気代最大70%カット、年間200万のコストカットも可能。接着剤不使用のため、剥がれや参加の心配いらずで、圧力にも曲げ伸ばしにも強く頑丈です。100年後も再利用できます。
そして細菌やカビも増殖せず、清潔。水を寄せ付けず、毒性もないので安全です。
また-50℃~-80℃の環境でも使用でき、7.93mmと超薄型なので取り付けスペースが少なく、空間を有効に利用できます!

このようにメリットがたくさんあるリフレティックス!ぜひこの機会に遮熱工事をご検討ください。

▼各事業のご案内はこちら

▼お問い合わせはこちら

【代表携帯】090-1978-1687
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】日曜日
【メール】こちらのフォームよりどうぞ≫
【対応エリア】熊本市を中心にその他県近郊エリア

一覧ページに戻る